ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑顔

春に我が家に家出少女のように、裸足で、あり合わせの服でやってきたに、今日、新たに服と靴をいただきました。
家に来た時に靴を作った時にも、彼女が微笑んでくれたように見えましたが、今日もとても素敵な笑顔をみせてくれました。物かもしれないけれど、普段じっくりみてあげれないので、向き合う時間は必要なんですね、何事にも。
Lady

スポンサーサイト

羊毛フェルトで作ってみました

 久々の手作り品。
 出来た日に、かわいらしいプレゼントをいただいたので、そのお礼として、嫁入りとなります。

羊毛フェルトの人形

ありがとうございます

 私のできることといえば、そんなに大したことはできなくて、何か伝えたいなあと思っていても、逆に、こちらが救われることが多かったです。
 限られた時間の中で、新しく自分でできることをみつけていって欲しいと思いつつ、折り紙や手芸や本などを勧めていました。卒業式も終わり、私の授業もなくなりましたが、生徒からもらったケーキのケースは、その手紙とともに、私のベアちゃん(まだ、足の肉球の刺繍はまだなので、未完成)に持っていてもらうことにしました。
ベアとケーキ
 手紙は、私に勇気をくれました。この春休みは勉強です。もっと、ちゃんと社会科を教えることができるように、来年度はがんばるね。

プレゼント

 マイペースでテディベアを作っているので、一年でそんなに作れないのですが、プレゼント用となると、ある程度、送る日まで、時間を作って作ります。今回は、昨年の誕生日に送れなかった姪っ子へのベア。姪っ子が小学生の頃に着ていたコートで服を作りました。
arisaのベア

修理

 15年くらい前に母に作ってもらったベアちゃん。お守り代わりに車に乗せていたら、生地が傷んで、所々破れてしまいました。レースをかぶせたらと、ベアの先生からのアドバイスで、ベアちゃんの手当てをしてみました。直したら、お顔も少しきりっとした感じに。

きれいになりました

 綿が飛び出していたのですが、きれいにおさまりました。

陶芸作品パート2

 今月作ったものが出来上がってきました。今回は、陶芸と作った民話を並べるという作品展のため、話に出てくるタニシをイメージして作ってみました。タニシってもっと平たく巻いているのですが、私がそんな風に作れなくって、巻貝になってしまいました。手前の小さい貝の方にはエアープランツを入れてみました。
一応タニシです


 わかりにくいですが、手前は白地に薄いオレンジの斑点を、もう一つの方は、白地に薄いピンク中心にちょんちょん色を入れていきました。ただ、濃くなるのが怖くて、うっすらとしかついていません。思い切って色をいれることができればいいんですけど、ダメですね。

陶芸作品パート1

 先月から、陶芸を習いに行き始めてますが、割と自由に作品が作れるので、変なものばかり作ってます。
 左から子どもの神さまみたいなもの、ライトカバー1とライトカバー2。魚をうまく切り取ったものをくっつけて作ったのですが、下の方が二匹魚を抜いた時点でひずんでしまったので、それを逆に帽子のような形にしてしまいした。
 中に100円均一で買ったエッグ型とろうそく型のライトを入れてみました。

20080131a.jpg


 暗くすると、もう少し感じがいい?
20080131b.jpg

間に合った!

 クリスマスまで作りたいと思っていましたが、やっとできあがりました。赤いコートは、子どもの小さい頃の服で作りました。小学校に入る前のクリスマスイブ、欲しいものをなかなか欲しいと言えなかった娘が、百貨店でぐるぐるぐるぐる走り回って、何度も赤い上着の前に止まるので、「これ、欲しいの?」と聞いても、もじもじ。でも、「欲しいものあった?」と聞いて、店の中を回っていても、結局、この上着の前。当時、子ども服にしては高いなあと思っていたら、ラルフローレンのロゴが入ってました。高かったはずだ。コートの耳は、小学校一年のときの学芸会のとき作った猫の耳。コートの中のワンピースの胸あて部分も同じ生地で作ってあります。普段なかなか片付けができないのに、ベアの服を作ると言っていたら、「これ使って」と持ってきたのが、学芸会の猫の片耳としっぽ。しっぽは、少し短いですが、シンプルなセーター着たときに首に巻ける長さだったので、今回は耳だけ使いました。
 白の子は、「前から見るとジャンバースカートのようにみえる、ホルダーネックのワンピース」ということで、裏地をつけてホルダーネックにしました。画像は出来上がったときに娘が携帯で写したものです。見にくいけど、靴は色違いのブーツです。
すてきでしょ

下は夏服のときの写真
二人そろって

陶芸教室

 陶芸教室に通い始めました。といっても、知り合いのOさん家に行って、教えていただいているのですが。ふと作りたくなったのですが、陶芸は粘土のようではなく、やはり焼く工程が入るので、私が思っているように簡単に作れず、Oさんにほとんど原型を作っていただいたようなもの。そのおかげで、一作目にして、満足のできるものができました(といっても、まだ、焼いてもないのですが)。

嫁入り前夜

 明日、嫁に出す(?)ベアちゃんが完成しました。お他所に行ってしまうので、ビーズをたくさんつけて、顔も何度も確認して毛をカットしました。かわいがってもらうんだぞー!
 人にあげるとか、人に見てもらうのが目的だと、仕上げもできるかぎりこだわることができるのに、家にずっといる子たちは、発展途上中の子ばかりです。数年後、ずれていた目を直すとか、毛をもう少し整えなきゃとそのままだったりとかします。
 明日嫁入り

 それは、テディベアに限ったことじゃなくて、文章もそうで、公募だすとか、勉強会のためとかじゃないと仕上げ(校正など)の作業までしないなあと、童話の会の仲間と話をしたばかり。人の目に触れるってことは大切ですね。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。