ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安部恭弘さん

テディベアを(と言っても、うさぎですが)を作らなくてはならない状況で(>_<)
平日なのに作ってました。
今日のBGMは安部恭弘さん(*^_^*)
学生の頃、好きだった安部さんの曲をyoutubeで選びながら、作ってました。
懐かしいヾ(@⌒ー⌒@)ノ
トパーズ色の月は、泣きそうになりました。
YOKOHAMAタイヤのコマーシャルの画像がありました。
よくよく考えると、YOKOHAMAタイヤのコマーシャルソングは、どの曲もけっこう好きで、
影響受けてましたo(^_^)o
うさぎさんは、ひとまず、完成。
うさぎさん
嫁入り前
スポンサーサイト

『Rain』 大江千里

 コーラスで、間違って音を覚えると、なかなか直せなくて苦労したことがあります。思いこみって怖いものです。
 槙原敬之の『Listen To The Music』シリーズをよく聞いているのですが、この中で、大江千里の『Rain』という曲が2回収録されています。
 最近、この曲を他の人がやはりカバーしているのを知り、聞いてみました。
 『いかないで、いかないで』の『で』部分の音が違う・・・・・・と気になり、大江さん、慎原さんのを聞き返すと、
「わたしの記憶が間違っていた・・・・・・」
 一度脳が理解すると、私の脳もちゃんと音を聞き取れるようになりましたが、自分で口ずさんでいると、なかなか直せません(-_-;)。
もう一つ、この曲名が『Rain』なので、曲の中でもRainと歌っていると、ずっと思っていたら、『Lady』でした(*_*)
変に脳がそう聞き取っていたのか……
Sloppy JoeI&IISloppy JoeI&II
(2013/11/27)
大江千里

商品詳細を見る

 
 
 Youtubeで大江千里の『Rain』を観たとき、バックのお姉さんたちがバブル時代を感じさせてくれます(*^_^*)。私もこんな髪型してました(^_^;)
 大江さんは、ジャズピアニストとして、今は活動していらっしゃるようです。

やっぱり八神純子(^O^)

昨日は八神純子さんのコンサートへ行きました。一人で。
 よく考えたら、一人でコンサートは今まで行ったことなくて、また、初めての場所だったし、車で行ったので、結構、それだけでしんどかったけれど
 八神さんというと、高校の時にとても好きで(アルバム『夢見る頃をすぎても』がすごくすきで)、でも、ラブ・シュープリーム以降はそれ以上の感動がなくて、離れていってしまい、コンサートも行ってなかったのでした。
 コンサートは出だしに最新アルバム『Here I am』の曲が少し流れ、そして、聞きなれた前奏……『カシミアのほほえみ』が。不覚にもこれだけで、私は涙が出てしまいました。この曲は好きなので、聞けるといいなあと思っていた曲。
 その後コンサートは、知名度の高い曲や最近のアルバム曲など、いろんな『八神純子』がきけました。
 二度ほど、歌詞が出なかったり、間違えたりしたときに八神さん自身がストップをかけ(ベストな演奏をしたいとのことで、八神さんのコンサートではよくあると本人曰く)
 私は『Im a woman』の頃が好きだし、他のメジャーな曲もカラオケ(最近しないが)ではよく歌っていたので、声がでない程度に口ずさんでました(๑≧౪≦)てへへ

Here I am~Head to Toe~
ソニー・ミュージックダイレクト
2013-06-05
八神純子


Amazonアソシエイト by Here I am~Head to Toe~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 CDを買った人には全員握手ということで、会場のみ販売のCD購入。コンサート終了後、他のCDをチェックしていたら、握手の人のものすごい列。ひるんで帰ろうと思っていたのですが(帰りも2時間ぐらい運転しないとならないし)、のんびり帰ろうと、並ぶことに。意外と早く進み、八神さんには「一曲目『カシミアのほほえみ』嬉しかったです」と素直な感想を伝えることができました。
 八神さんは東北への震災復興のキャンペーンをやっていらして、「漁船のエンジンがないというので、チャリティーコンサートをやって、船のクレーンとエンジンをあげることができました」と「八神純子」と名が入ったYAMAHA製のエンジンの画像には、感心(*゚▽゚*)
 残念ながら、聞きたかった『ラブ・シュープリーム』と『夢見るころをすぎても』はなかったですが、また八神さんのコンサート行きたいなーというコンサートでした。

ドリームズカムトゥルーの『ワンダーランド2011』

四半世紀ぶりでしょうか、大きな開場のコンサートは。
四年前、
ドリカムのワンダーランドへ行った人の話を娘にしたら、
「次は観にいきたいね」
となり、
新聞にチケットの申し込みが載ったとき、ついつい申し込んでしまいました。

聞きたかった曲がすべて聴けたわけじゃないですが、
落ち着いて見ることができる席で(通路側)良かった。
暗い中、緑とイエローのペンライトが、星のようできれいでした。
アンコールの時、何度もウェーブしたのも楽しかった
ただ、曲の途中でトイレに行く人が多くて(通路側だったので)
横切る人が多くて(往復で)
音楽を聴きに行くときは、他の人の迷惑を考えようよ
と、思ってしまいました。

ブラスト

 三度目のブラスト。同じ内容のを三回。最初は6年位前の大阪。娘ぴーちゃんがマーチングをやっていたので、その縁でDVDを観たのが最初。それから、日本でも公演が始まり、観にいくように。同じ内容のものを三度みるということは今までなく、このブラストだけ。今までの三度、それぞれ席には恵まれていて、今回は、三階席の一番前の隅だったっけど、ユーフォニウムがすぐ近くに演奏してくれて、生の音が聞こえて、握手できてよかった。娘のぴーちゃんも「イケメンが側にきてくれた」ことがうれしかったよう。今回は、サインなしみたいで、今までの二回はサインもらいやすい席で、サインをもらっていましたが、三度連続、出演者さんと握手はできて、いい思い出になりました。上の席だったので、動きが良く見えたのがよかったです。

歌『手紙 -拝啓 十五の君へ-』アンジェラ・アキ

 この曲を聴くと、泣けちゃいます。
 ああ、そうそう、私も十五の時、苦しかった。今もだけど。
 ものすごく違うのは、回りに相談できる人、話せる人がいること。
 そうなったのも、自分から話せるようになったから。苦しい時は、話さないと自分がだめになってしまうと、ものすごく、悩みが深くなった時、もっと、周りに迷惑をかけてしまうということ、今の私は今までの経験で、それだけは気がつきました。
 踏ん張るところ、あきらめどころを自分でどう判断するのか考えながら、今は生きています。

『手紙 -拝啓 十五の君へ-』歌詞はこちらに

歌『いつか見る虹 ‘モルダウ’から』

 NHKのみんなの歌で、この歌が流れるたびに、手を止め、詩を聞いてしまいます。曲は、スメタナの『モルダウ』。中学のときに、合唱の試験で歌った記憶があります。ソプラノなのに、合唱部のアルトの子に声量負けていたので、一生懸命、歌いました。
 そんな記憶のあるメロディの曲ですが、とても詩がいいのです。
「悲しいだけでは泣きません」
 悲しいからというより、そういう時に感じる、やさしい心に触れると涙がでます。
 昨日も泣いてしまいました。
 本来は、夫を亡くして、悲しいのは、彼女の方だったのに。でも、その時会えたこと、受け止めてくれたこと、私がいつか他の人にそんなことが出来るようになれたらいいです。

『いつか見る虹 モルダウから』の歌詞はこちら

『カレンダー』 村松健

 時々、無性に聞きたくなる音楽がある。大学生の時に、後輩にもらった村松健の『カレンダー』というアルバム。当時は、テープでもらったけれど、自分でCDを買って、MDに入れたりして、車でも聞けるようにしていました。先日、ふと、聞こうと思ったら、なくなっていたので、大騒ぎ。なかなか見つからなかったので、ネットで注文しようと思ったら、現物は販売終了でダウンロードのみになっていました。お気に入りは現物(CD・レコード)を手元においていたいと思っていたので、もう一度、探してみました。結局、よく聞くドリカムのCDとこのCDをラジカセのそばに置いていたら、家具との隙間に落ちてしまっていたことに気づき、無事発見。
 黄昏時の、ちょっと寂しい時間に聞くのがいいのです。ベリー系のジャムのにおいや紅茶の香りとともに。
jacket_m.jpg

カレンダー
 上記のページで視聴できます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。