FC2ブログ

ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

奈良美智 for better or worse

奈良美智さんを知って十何年。
ぬいぐるみやトートバックを買ってあげてから、
娘も好きで、ものすごく楽しみにしていました。
私も、あのふてくされた少女の姿が好きで(*^_^*)
6番目くらいに並んで、やはり、最初の部分をすっと飛ばし、
先の作品群へ。
空間を独り占めしながら観るのは、
作品をじっと静観できて、昔から好きな見方。
(昔は無名の人の作品展の閉館間近だと、そんな空間時間の独り占めできたけど)
最近は、早く入場するとできるんだなあと、
1時間ぐらい頑張って並んでます。
奈良美智さんの絵
この絵は一番心に残った絵。
タイトルを日本語に直すと、
「酸性雨」だったかと。

スポンサーサイト

東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展

東山魁夷展にいきたくて、
娘に「サツキとメイの家にも行くから」と
無理やり誘い出かけました。
東山魁夷の唐招提寺御影堂障壁画はものすごく色が美しく、
(それは展示の仕方やライティングが良くて)
透けて見えるような絵でした。
色が綺麗で美しかった(^-^)
娘は次回の展示の奈良美智さんの前売りを買うことができて\(^o^)/
「サツキとメイの家」は天気が良くて、遠足気分。
小さい子に混ざって、家の探検しました。
サツキとメイの家

ミュシャ展

毎年、春休みに行っていたジブリ美術館。
今年は、ワンコの介護もあり、行けなかったので、ゴールデンウィーク明けに行くことにしました。
今回の旅行のメインはミュシャ展。
今まで何度かミュシャの作品を見ていましたが、
今年はスラブ叙事詩が来るということで、楽しみにしていました。
なるべく早く美術館へたどり着けるようにと
宿泊地も考えて、
1時間ちょっと前に到着。50番目くらい。
草間彌生さんの展示もあるので、
人はどんどん並んでいき、開門。
ミュシャに流れる人は少なく、なぜか、ミュシャ展の先頭に。
そこから、ざっと観て、撮影可のエリアへ。
誰もいない部屋で、作品を堪能できました。
ミュシャ展