ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画の試写会

この夏は、『メアリと魔法の花』と『関ケ原」の試写会へ行きました。
あまり期待していかなかったのですが、
二本とも、心に残る映画ではなくて、ちょっと残念。
試写会のハガキ

昨年の『君の名は。』も試写会で観て、同じような気持ちになりました。
どうも、試写会って向いてないのか、
それとも、そんな作品が試写会するのか。
映画が観たっきりにならないように、
Yahooの映画レビューで、自分の感想記録しているのですが、
他の人の感想がとても役立ってます。
(ちなみに、1と5の評価だけが極端に多い作品は、
怪しい映画が多いなあと思うこの頃)
スポンサーサイト

映画『あん』

「樹木希林さんのチケット、誰か取らない?」
そう言われた時は、何のことだか、さっぱりわからなかったけれど、
どうやら、映画の上映の時、健康上大丈夫そうだったら、樹木希林さんが来るらしいということ。
『あん』は観たいなと思っていた映画だったので、
希林さんが来なくても……と映画を楽しみにしていました。
私は、家でレンタルしたディスクを観るのはむいていなくて、
(それはただ、集中できなくて)
映画館で観たいなー派で。
(もしくは、小規模でもいいので、上映会で)
『あん』を観ながら、どら焼きのできあがる様子が細かく、そして、
それは登場人物たちの気持ちを表していました。
いつでも再出発はできるのだと、思わせてくれた作品でした。
さて、当日会場へ行くまで、樹木希林さんはいらっしゃるのか、わからなかったのですが
ちゃんといらっしゃいました。
樹木希林さん


君の名は。

7月に試写会が当たり、『君の名は。』を観ました。
試写会のハガキ
実は新海監督の作品は、
昨年、映画館で一気に観たこともあり、
どちらかというと、ストーリーが来るのではなく、
心情を表現している映像を観ているという感じでした。
今回は、ストーリーが前に出てしまって、
心の変化がわかりにくかったのが残念だし、
ラストは新海監督のいつものパターンではなかったのが、
私は残念だなあと思ったのですが、
『君の名は。』は評価もいいし、ヒットしているようなので、
私の好みも大方の人とずれてきているのかなあと。
この映画を観た頃、
『シン・ゴジラ』を観ました。
こちらは全体的には良かったのですが、
音楽やラストは、庵野監督作品っぽくなっていたのが残念で、
でも、庵野監督作品が好きな人は、きっとそれが良かったんだよねと思うと
自分の感覚と多数の人の感覚のズレが、気になってしまいました。 【“君の名は。”の続きを読む】

『MOTHER 特攻の母島濱トメ物語』

今年観た劇で、期待せず、無料招待のこの『MOTHER』で、思わず泣いてしまいました。
少し早めに劇場に着いたので、全席自由席ということで、なんとなく並んで、
一列目のほぼ真ん中で観ました😄
若い俳優さんが、頑張って演じている姿が、とても良かった😍😍😍
主演の大林素子さんが、ずっと細やかに手を動かしていて、
主人公トメさんの働き者で実直な人柄を好演。
特攻を美化するのではなく、いろんな立場の兵士達の姿や、
戦後世話をすることになった進駐軍の兵士達の話を入れ、
話もとてもうまくまとまっていました。
(通常だとあれもこれも入れると中途半端感や気がぶれてしまうのですが)
戦場にかりだされた点では、進駐軍の人も特攻の人たちと変わりがないということを
トメさんと娘、今は亡き阿藤快さん演じるおまわりさんが感じていくのがよくわかりました。
阿藤さんってこんなに滑舌悪かったのかな……なんて思ってしまいましたが、
体調がすぐれなかったのかもしれなかったのですね。
MOTHER

舞台は幕が下りず、同じ舞台装置のまま、場面が変わっていくのですが、
暗くなっている間、人が移動していて、明かりが点くと、次の場面の配置になっていました。
私は一番前なのに、人の移動の物音や息の音などが全然聞こえてこず、
出演された方皆さんの集中力に驚きました。
ただ、兵隊さん達が、舞台の一番前を走り抜けていくので、
埃がすごくて、途中から、マスク装着して観てました😅😅😅

映画『日本のいちばん長い日』

昔の同名映画作品と違って、長い日っていうより、「いちばん長い夏」としたほうがしっくりしたかも
というのが、第一の感想。

1945年の夏は、いろいろなことが起きすぎて、
当時生きていた人にとっては、長い夏だったにちがいないと思っている。
ひるがえって、
今年の夏は、どうだったのだろう。
私はこの夏は試験を受けていたので、
仕事の合間に勉強して、あっという間に夏が終わっていた。
台風がきて、あんなにうるさかったセミの声も消えた。
ツクツクボウシの声も三回しか聞けなかった。

牛歩ならぬ牛タン戦術なんてのを知り、
たいして時間稼ぎにはならず、成立。
説明は結構していたけど、
聞いてないのは、こちら側で、
会議をしていた人たちと、
一般市民との気持ちの差はいつの世も大きい。
それは、映画の中の世界と同じ。

あの戦争をやめようとしていた人たちと、
安保法案を話し合っていた人たちの熱の違いは、
何だろう

ドラマ『64』

NHK『64』、ずっと録画して観てなかったけれど、
最終回だということで、昨日、まとめ観しました。
電話の「声」というのが、ポイントの一つになっていました。
もし、自分にそんな経験がなかったら、
果たしてそれは可能なのかと思ってしまっていたかもしれない。

私の場合は、仕事先の人からの電話。
懐かしい声だとなんとなく思いながら、何回か電話で話し、
二回目に会った時、不意に旧姓で呼ばれた。
今いるところが出身地ではないので、私の旧姓を知っている人と滅多に出会うことがない。
その人は高校一年時のクラスメートだった。
マスクでの面談、知り合いと出会うことはないという思い込み、
高校生の時はいつもメガネかけていた彼女、
彼女の「私の方はかなり太っちゃったから」という言葉……
ただ、声が懐かしいと思った私の直感だけは、正しかった。

今は数が激減している公衆電話。
いろいろな人たちの思い。
警察というがんじがらめの組織の中、
ここで、今の立場をやり抜こうとする主人公。
父としての主人公の思い、犯人の思い、被害者の思い。
色々なものが綺麗に混じり合って、虹ように、
それぞれの色が混じり合うことなく(それぞれの色の境界線は、まじりあいつつ)
物語のエンドへ着地していました。
吉田栄作さんより2倍はあるかと思われるピエール瀧さんの顔は、
主人公の実直さ、強さ、弱さを表現されてましたか(^_^;)
映画は佐藤浩市。
どんな主人公・三上広報官になるのか、楽しみです。

映画『言の葉の庭』

『rain』という大江千里さんの曲が好きで、
大江さん以外にも槇原さんや秦さんもきいてますが、
やはり、大江さんの不完全な歌声が、この曲に一番合っているように思えます。
Youtubeで、秦さんの曲を聴くと出てきたのが、『言の葉の庭』の画像。
高校生と年上の女の人との恋。
いつの間にか、この『言の葉の庭』を観たくなりました。
そして、『ドリパス』を知り、上映候補なって、名古屋上映含めて、3カ所での上映。
なかなか名古屋が決まらなかったので、「横浜へ行くか」と、
横浜行きを考えていたところに、『ドリパス』さんからの丁寧なお返事。
名古屋はその後成立して、名古屋で観ることができました。

劇場アニメーション『言の葉の庭』 DVD劇場アニメーション『言の葉の庭』 DVD
(2013/06/21)
入野自由、花澤香菜 他

商品詳細を見る

【“映画『言の葉の庭』”の続きを読む】

ドリパス

仕事以外にネットに入ることはあまりないのに、
毎日『ドリパス』のページを見に行く。
観たい映画をリクエストして、上位に入ると交渉してくれるということをしてくれる。
交渉の候補に入ってもかなわないもの、
上映になるものとあるのだが。
東京近辺の上映が多いので、上映がかなっても、観に行けるとは限らないのだが。
たまに、名古屋上映があるので、ココロオドル。

ドラマ『CSI:NY』

テレビで放送していたので、なんとなくみ始めてしまった『CSI:NY』。
途中で放送が終わってしまったので、娘も観たいと、第1シーズンからみ始めました。
なぜか、本家『CSI』や『マイアミ』はダメで、『NY』だけ。
最初のシーズンと2シーズン目は、少し設定にブレがある回もありましたが、
メンバーや話のテンポなど、だんだん安定。
マック・テイラーの理知的なところやステラとの掛け合いなど、
大人のドラマだなーと思わせてくれる。
少しステラに憧れていて、あんな風にスーツが着こなせたらと思う…(スーツ着ないのに)
CSI:NY コンパクト DVD-BOX シーズン3CSI:NY コンパクト DVD-BOX シーズン3
(2014/06/27)
ゲーリー・シニーズ

商品詳細を見る

映画『マレフィセント』

『マレフィセント』……そんな名前があるとは知らなかった。
前日に「最近観た映画で一番良かったよ」というのを聞いて、安心しながら、観ることができました。
今までのお姫さまたちが、パッとでの王子さまについて行ってしまうので、
「その人でいいのかい」
と、思ってましたので、今回の王子さまの扱いはGOOD(^o^)
王様の足もとに立ちつくすマレフィセントの心は……

マレフィセント [Blu-ray]マレフィセント [Blu-ray]
()
不明

商品詳細を見る
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。