ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホントの「本のお葬式」

 今回書いた話は、現実にあった話を元にしています。知り合いの方の奥さまが亡くなり、その遺品で、新しい作品を作って差し上げました。その時、奥さまの本を整理していたときに思ったことを小学6年生の女の子に託し、一つの話にしました。それが『本のお葬式』です。写真は、私が実際作った作品です。

テディベアのマフラーと帽子
生前使っていらしたマフラーからテディベアのマフラーと帽子をつくりました。このテディベアは、今までつくったテディの中で一番うまく作れました。ちょっと、顔は甘めのお顔です。(先生が作った子は、もう少しやんちゃな顔でしたけど)

ティコゼその1
ティコゼからテディの敷物に。そんなに大きくないので、これだけでも、テーブルのアクセントに。

ティコゼその2
メガネケースにして、遺品の本にあったクマのアップリケを参考に、アップリケをつけてみました。

 もともとのティコゼの配色がよくて、切り刻んで色のバランスを崩すと、作品の良さがあせてしまうので、ほとんど切らず作ってみました。
スポンサーサイト
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。