ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ『天地人』

 大河ドラマ『天地人』も終わりに近づき、関が原も済み、次は会津から、さらに北の米沢へいくのですね。
 それにしても、今回もでなかった……家康次男の結城秀康である。関が原の時は、上杉ににらみをきかすために関東に残っていたとも、子どものときにい一旦秀吉の養子になったこともあり、関が原の戦場には微妙な立場であったので、関東にとどまるよう家康から言われていたのか。とにかく、『秀康』の名の如く、立場複雑であった人。福島加藤清正らの襲撃に、石田三成が家康のもとに逃げ込んだ(家康が仲裁らしいが逃げ込んできたというのは後世つけられた話ともいわれるが)際にも、佐和山城へ三成を送ったのは秀康だった。三成の出番が多い今回は、秀康もでてくるのかなーと思えば、やはり、省略されてしまう人なのである。
 そんな風に思いながら観ていると、「おお」小さな発見。
 先ほどネットで日本の文化財のデータベースを見ていたとき見つけた家康着用の羽織を、家康役の松方さんがきているではないか。きっとレプリカなんだろうけど、こういう着物鎧類は忠実である。
スポンサーサイト
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。