ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産になれないだろう石見銀山

 石見銀山が世界遺産認定の重要なカギになる調査の報告書で、登録は延期がよいだろうという結果が出たというニュースを読みました。石見銀山は二年前に行ったところで、私はそれなりに興味を持って観にいったし、昔は銀山の関連の人々で大勢の人が住んでいたというのに、今の寂れた感じ、その中で、石垣のあとやたくさんの坑道があって、入場可能の坑道も入ってみると、
「よくぞ、ここまで掘ったもんだ」
と、感心しましたが、日本人でそう思って、石見銀山を楽しめる人はそうもいないかも……と思いました。そのときのボランティアガイドさんも、
「今のままでは、観光にもなかなかむすびつかなくって……。その上、世界遺産に登録するとなると、現状のままじゃないとならないので、いじれないんですよ」
と、おっしゃってました。
 (いじる必要ないのよ)と私は思ってしまうけれど、昔を想像できるような建物作ったり、道を整備したりすれば、観光バスがたくさんくるようになった方が、観光地にはなるのでしょう。
 下の写真は、二年前の石見銀山で写した写真です。
石見銀山の風景

石見銀山 坑道の中

コメント

世界遺産になれちゃいましたね

 世界遺産になれちゃいましたね。ただ、これからは観光客が増えて、あの寂れた感じがなくなっちゃうんだろうな……それが淋しいですね。

  • 2007/06/28(木) 23:38:02 |
  • URL |
  • ケロケロぴー #GWUCrvXI
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kerokerohouse.blog68.fc2.com/tb.php/104-685b9444
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

石見銀山

石見銀山石見銀山(いわみぎんざん)は戦国時代 (日本)|戦国時代後期から江戸時代前期にかけての日本最大の銀山。鉱脈は石見国東部、現在の島根県大田市大森の地を中心とし、同市仁摩町や温泉津町にも広がっていた。日本を代表する鉱山遺跡として1969年(

  • 2007/06/30(土) 12:47:23 |
  • ももかの日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。