ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

夏休みの宿題

 夏は、私にとって、中部児童文学セミナーや公募のために作品を書く季節になってます。今年の夏は、童話の会『たまてばこ』の作品集の締め切りもあったので(それも、7月20日)、新作はまだ書いてませんが、昨年書いたものを直して、原稿をつくりました。
 例年だったら、書きっぱなし、直さずボツにしていましたが、今年はあえて、書き直しました。

 今日は中部児童文学セミナーがありました。昨年公募に出して、賞にかすりもしなかった作品を直した作品を出しました。一度、評価をもらえなかったものですが、ボツにする前にも、その時、自分ができる範囲で直すのも、大事なのではと出しました。その作品で、第一希望の分科会に入ることができました。
 あまりにも、あったことをそのままに小学生を主人公にした話でしたが、一年前とほぼ同じ評価。しかし、いろいろなヒントをいただけ、もう一度直しをして、次の創作へのきっかけになりました。
 秋に向けて、数作書かねばなりませんが、書き続ける勇気をたくさんいただけました。(ということで、まだまだ、私の夏休みの宿題は終わらないのです)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kerokerohouse.blog68.fc2.com/tb.php/116-eac1f7a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad