ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

岬めぐり

 昨日、中学校のクラス会がありました。私の中学校は、田舎の学校で、二つの保育園から小学校、そして付属のようにメンバー変わらずの中学校でしたから、長いつきあいです。行く前に「こんな時期のクラス会で、人が集まるの?」と人から言われましたが、意外にも私が二番目に遠くから来ていて、皆、現在も同じまたは近くに住んでいるようでした。
 参加者名簿は、「平成19年夏の3年4組大クラス会!!」「元おとめ」「悪がき」「いつも幹事」と書かれていました。いわゆる不良が多くて、級長は本人の希望ではなくやらされていた(私もその一人)で、大変なクラスだったはずです。先生もこのクラスには散々悩まされたということでした。それでも、この一年が、私の学校生活の中で一番鮮明に残っていて、「いつも幹事」のWくんは、なんだかんだ青春モノに染まっていて、(級長でもないのに)当時からがんばっていました。Wくんには、会うたびいろいろしかられます。私の中三時代は、いろんなことに躓いて、やる気がなくて、きっと、そんな私の姿がWにものすごく残っているのでしょう。
 二次会のカラオケ第一曲は、Wくんのテーマソングでもある『岬めぐり』。私の年齢の人にはなじみ薄い歌です(私は世代的にもう少しあとでして)。でも、なぜか中学三年のWくんはこの歌が好きで、強引にクラスにはやらせ、クラスみんなが歌えるようになりました。でも、みんなこの曲が好きになりました。
 みんな、いいおじさん・おばさんになりました。やっと『岬めぐり』が合う歳になったようです。
「『さらば青春』、うたおうぜ」
 それに満足したのか、Wくんは、新たなるテーマ曲の提案です。しかし、皆、Wくんの言葉無視で『さらば青春』はかかることはありませんでした(というか、みんな知らないのかも。私は兄貴がギターで歌っていたので知っているけど)。少し早く帰った(それでも午前一時!)私は、結局、『さらば青春』はきけませんでした。
「ギターでさ、こう弾きながら歌うといいんだよね」と帰り際、Wくん。『さらば青春』は、また次のクラス会で歌いましょう。
 ※すごく悪そうなクラスのようですが、3年4組は、先生も生徒も思い出深い、いいクラスなのです。当時も今も。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kerokerohouse.blog68.fc2.com/tb.php/121-43cc7bff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad