ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郵政民営化の影響

 9月30日消印有効の長編の公募の応募のため、今年の9月はバタバタと過ぎていきました。公募だけじゃなく、精神的に参っていて、その解消のためにまた、別のことをしていたせいで、またまた時間がなくって……と悪循環。それでも30日の20時ごろ、規定枚数をクリアし、そこから、何度目かの校正に入いりました。私は、変な文章があると大抵は減らしていくのが今までのパターンでしたが、もともとぎりぎりの枚数しかなかったので、よほどでなければ、減らさない方針でいきました。今回は、原稿用紙150枚から200枚程度(提出の際のページ規定は別)ですが、提出用の規定の一行が30字だったので、短文傾向の私には、行が稼げる規定で助かりました。時間がないことと、もともと、原稿用紙35枚くらいの作品が素になっているので、150枚は無理無理でした。23時、ページがずれない程度に最終の直しを入れ、23時半、郵便局へでかけていきました。
 普通の日なら、夜間もやっている郵便局なので、そんなにも気になりませんが、よくよく考えたら、明日から民営化です。郵便局につくと、対応の職員が駐車場にいて、30日の午後から1日の午前12時半まで窓口はしまっていると説明を受けました。
「30日の消印で出せないんですか」
 私の質問に、窓口が開いていないので、切手の販売はできないが、切手が貼ってある郵便物は、受け取ることができるので、30日の消印は可能だということでした。通常なら、家に買い置きしてある切手を貼って、足りない分だけ計算して窓口で買っていたのですが、今回は、原稿枚数が多いので、全額郵便局で買おうと思って、切手を持っていかなかったのでした。
「近くのコンビニに売ってますから」
 そう言われて、そのコンビニに行くと、このコンビニも10月1日から閉店で、切手は1円と5円しかないといいます。そこで、もう少し離れたコンビニに急いで向かって、切手を貼って(かなり大目)、郵便局に戻りました。やはり30日消印でないと困るという人や速達で出したいという人がいて、切手を貼って出せた私は、
「どうか、30日の消印になるようお願いします」
と渡して、その場を去りました。郵政民営化なんて、あまり影響がないと思っていました。それにしても、深夜だというのに対応の職員の方がいらしてよかった……民営化になってもがんばってください。私は、これを出すことだけが、最近の目標だったので、受け取っていただけてうれしかったです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kerokerohouse.blog68.fc2.com/tb.php/125-ea663bf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。