ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体育館でのコンサート

 杉田二郎氏が高校の文化祭に来るというので行きました。実は、私は中学生くらいの時に杉田氏のファンで、 『八ヶ岳』は、夜中に聞いて、ジローさんの声にぞくっとしてました。それくらい、いいお声で、音響設備が悪い体育館で、マイクで歌うと変に響いちゃうんだろうな……と思いつつ、それでも、一度は聞きたかった生歌をただで聴けるのだからと出かけました。
 体育館でのコンサートは、すでに高校生の時体験済みで、このときは、『キャッツアイ』でブレイクする前の杏里でした。私は、デビューした当時から杏里が好きでしたが、杏里は、アンケートで決まったアーティストの代わりで、尚且つ、杏里だけではお金が余ったからということで、もう一人、無名のソロ歌手が来たくらいでした。その時、バックバンドやコーラス付きで来た杏里は、冷ややかな観衆の中、大音響でノリノリで歌ってくれました。その時の思い出は、大音響とメンバーのひとと踊りながら歌っていた杏里の姿でした。(最近、NHKのソングスにでていた杏里は、『キャッツアイ』が出る前、「続けようかやめようか」と思っていたと語っておられましたが、あの関心のない人達の中でうたっていた杏里はとてもがんばっていました。)
 ジローさんの知名度はどうだろうかと、思いましたが、今回は、少しでも音がよさそうで、なるべく前の方で観やすい所を選んで座りました。体育館は、窓も完全に閉め、暗幕も全部張ったので、ほぼ真っ暗。「おお、この中で『八ヶ岳』聞きたい」と思っていました。『八ヶ岳』はありませんでしたが、『風』はものすごく感動し、『男どうし』は歌詞を地名を季節を入れて歌ってくれました(気づいた人、あの会場で何人くらいいただろうか)。やはり、音響悪いので、せっかくのいいお声が少し台無しになっていましたが、60過ぎてもなお、元気なお姿を見ることができてよかったです。
ジローさん

 写真は撮るつもりなかったのですが、生徒たちと歌っているときに他の方も写していたので、つい写してしまいました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kerokerohouse.blog68.fc2.com/tb.php/128-a6875d4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。