ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合唱コンクール

 子どもの義務教育最後の合唱コンクールを観にいきました。合唱コンクールというと、私が中学在学中の音楽の先生は、とにかくコーラスしか授業しない先生であったから、年に一度のコンクールはものすごく熱が入っていました。
 小さい学校であったため、中学生の私は運動部にはいらなくてはならなくなり、その部活を週一度サボるために、母が小学校からやりなさいと言っていたピアノを中学に入ってから習い始めました。中学三年の時、クラスの中でピアノを習っている人がいないということで、まだピアノ数年の私は伴奏をやることになってしまい、必死に(人生一番だったかも)練習しました。途中でミスをして、なかなか最後まで弾けなかったので、休み時間にも練習していました。その練習のとき、クラスの子たちが集まってきて、ピアノに合わせて歌を歌ってくれて……結構いい思い出です。
 子ども合唱コンクールの伴奏の子たちは、皆とてもピアノがうまくて、私の伴奏なんかとは雲泥の差でした。演奏が終わり、総評の時、驚きました。私の中学の時の音楽の先生のO先生です。O先生は、今は別の学校の教頭先生。私は、今住んでいるところとは違う市ですが、O先生は新任の時、遠くだった私の中学に赴任していたのです。
 子どもの行事を観て、自分の中学時代を思っているときに、中学の恩師が登場して、中学時代のように話していた姿を見ることができて……翌日に、それをネタにして話を一つ書きました。
 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2007/11/15(木) 07:06:40 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kerokerohouse.blog68.fc2.com/tb.php/133-c46f7c34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。