ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

ウィキペディア

 前から調べる時に使っていたウィキペディア。ネットの情報は出版物と違って、ウソも多いのですが、マユツバの話も面白く、情報量が格段と増えたので、インターネット検索して調べものをするときに、ウィキペディアも合わせてチェックするようになりました。
 子どもが私と同じ大学を受けるので、大学のことを調べて欲しいと言うので、ウィキペディアで見ていたら、同じ専攻の同級生の名前が載っていました。
「おお」
 学生時代、言葉少ない彼とは余りしゃべったことがありませんでしたが、大学卒業間近に、他の人と話しているのをずっと聞いていたことがありました。
「いろんなこと知っているのに、どうして、あんまりしゃべらなかったの?」ときくと、
「話を聞いている人で、自分よりもっと知っている人がいて、なーんだって思われたくないので、知識をしゃべることができない」
と答えてくれました。そういう、彼は、書くお仕事についていて、彼の文章は、とてもおしゃべりで、まるで、しゃべられない分、文章がおしゃべりしているようでした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kerokerohouse.blog68.fc2.com/tb.php/136-babe6dab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad