ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

マーチング

 東海地方のみの放送で、高校の吹奏楽部のマーチング大会の全国大会への過程を追っていた番組をみました。彼らの『東海大会で終わりたくない』という言葉にずきりときました。そうです。その通り! 私の娘も小学校の時、マーチングをやっていたので、よくわかります。もちろん、上の大会へ行きたいという気持ちですが、マーチングは大会ごとに完成度がどんどん高くなっていきます。毎年毎年、違う演目。そして、より大勢ででた方が迫力ありますので、部活一年目の人にも出ています。全員出る種目です。春から作り上げ、夏はグランドで暑い日差しの下で、そして、9月から始まる大会ごとにできるレベルをあげていきます。私の子どもは東海大会まででしたが、全国大会での演技が観たかった。
 体を痛めながら、それでも、ひとりでも欠けないように、皆でがんばっている姿は、小学生だったわが子とその仲間の姿を重なります。その後、みんなやりたいことを見つけることができたのでしょうか。あれ以上にがんばれたでしょうか。
 高校生たちのそろった靴を見て、また、胸がきりり。専用の靴が高くて、サイズがどんどんかわっていく小学生には靴や服を個人負担になかなかできなくて、子どもは布の代用の靴をはいてました。高校生、大人となっていけば、もう少し自分の意思で、どうにかなれるのでしょうか。
 大会が終わった後、高校生たちは泣いてました。若い人の悔し涙ってのは、いいですね。次へのステップです。がんばった証拠です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kerokerohouse.blog68.fc2.com/tb.php/150-d693632a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad