ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間違いであって欲しいと思うとき

 間違いであって欲しいと思うことは、大抵、人の命がかかったこと。そのくらい、人が人の命を奪うことは、どんなことが理由であってもあってもいけないことだと思うのです。
 「やっぱり捜査が間違っていました」と聞きたいのは、秋田の小1男児殺害の犯人です。どうしても、先に亡くなった小4の少女の母親と思いたくない。小説のネタとして考えるのなら、自分の娘のことを調べてもらえなかったことの逆恨みとか、もともと近所同士のちょっとしたすれ違いからの被害妄想からとか、超自然現象の類の理由まで持ち出せば、いろいろなことが考えられる。しかし、これは現実のお話。子どもを失う感覚を持った人がすぐ近くの知り合いの子を、殺せるだろうか。裏付ける情報が入るたびに、どうしても否定したくなってしまうのです。
 村上世彰氏の会見。「お金儲けはいけないことですか」という言葉。悪いことではないが、そんなに必死に叫ぶことだろうか。
 人として、最低守らなければならないのは「人を殺してはいけない」ということ。そのことを昨日から考えている私には、村上氏の言葉は、表面上のことで終わってしまって、私の心の底にまで届いてきませんでした。
かえるしくしく

テーマ:いまのきもち - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kerokerohouse.blog68.fc2.com/tb.php/16-9f51f89f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。