ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有元葉子先生

 私の仕事先の製品を使っていただいているということで、料理家の有元葉子さんの記事をよく読みます。彼女の本もよく読みます。その中で、一冊だけ手元に置いてある本があります。「暮らしを変えたい!(集英社)」です。
 物がなかなか捨てられない私の家は、ごちゃごちゃしています。ずっと悩んでいるのは、快適な寝る場所と今にも崩れそうに積まれている本と書類をしまう書庫が欲しいということ。でも、子どもにお金がかかる世代になってきた我が家はこれ以上、お金を学費以外にかけれませんので、工夫しかありません。
 快適に暮らせる家にしたいとけど…ジレンマは高まるばかり。そんなとき、この本を広げます。副題に「衣食住50のヒント」とあるように、有元先生の50の提案が書かれています。
 「大きいテーブルが一つほしい」とヒント3あります。我が家はなぜか、大きいテーブルが多いです。姑が家具を買うのが好きで、部屋に不釣合いのテーブルが三つ(もちろん普段使っている食事用のテーブル抜きで)。昨日、一つを寝る部屋に運びました。寝るスペースは又減りましたが、パソコンの作業やテディを作るのもこの部屋なので、作業スペースが増えてうれしくなりました。今度は一番大きくて重たいテーブルを、居間に持っていこうかな思いました。家族みんなで使えていいかも……
 こんな風に、いままで憂鬱の元だったものが、ぱっと変わることがある、素敵な本なのです。すごく美しく暮らせませんが、楽しく暮らせるために、今後も有元先生の50のヒントを役立てて行きたいです。
かえるらぶ

暮らしを変えたい!

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kerokerohouse.blog68.fc2.com/tb.php/18-4b909fea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。