ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体に感謝

 昨日、マッサージに行きました。毎月マッサージをしてもらっていた知人の娘さんがアメリカへ行ってしまうことになって、以前、一回だけ行った所にメールをいれました。なぜか、携帯にはメールアドレスしか登録していなくて、もし、アドレスが変わってしまっていたら・・・・・・と祈る思いで送りました。
 「今週乗り切れないな」
 体がとても疲れているのがわかり、明日の空いた時間まで、もし、メールが帰ってこなかったら、どこか、いきあたりばったりでもいいから、マッサージ行こうと思っていました。
 翌日朝、メールは戻ってきました。でも午前の用事をこなせない時間しか空いてないとのこと。
「あと一時間遅い時間が空いてなかったら、来週お願いします」
 返ってきた返事は、一人の方に時間を移動してもらったので、できますとのこと。そういえば、前にお願いしたのは、当日でした。そのときも、夜の時間にやっていただいたのでした。
「どうしたら、ここまで体が疲れちゃうの?」
 一番凝っていた肩から腕をもんでいただいているとき、
「がんばってるのよって言っているよ」
 と言われました。
 手首をつかんだとき、とても疲れきっている私の体がそう言ったそうです。
「ありがとうって感謝してあげてね。それだけで、体の回復が早くなるのよ」
 丈夫に良く動いてくれる、私の体。あまりにも身近すぎて、感謝をしたことがなかったことに気がつきました。
 私の得意なことは、そのほとんどが、手を使うことでした。人生を生活を豊かにしてくれたのは、この手です。
「ありがとう、私の手、私の体。あななたたちのことは、考えていませんでした。自分を大切にすることを忘れていました」
 もったいないとか贅沢とか思わないで、自分の体を大切にするために、お金や時間や思いをかけないといけないと、気づきました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kerokerohouse.blog68.fc2.com/tb.php/199-b3c6688d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。