ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星野富弘さん

 今回は、カテゴリをどこにしようかと考えてしまいました。星野富弘さん・・・・・・事故により体に障がいを負い、口に加えた筆で花の絵と詩を書いている方です。今月のコーラスの歌の一つにこの星野さんの作品をピアノとコーラスの楽曲にしたものがあります。
 星野さんの作品には、お母さんについての詩がいくつかあります。コーラスの曲の一つに『バラ、キク、ナヅナ』という三つの作品を一つにまとめたものがあります。私はどうも、この作品を歌うと、涙がでそうになります。
『神さまがたった一つだけ この腕を動かして下さるとしたら 母の肩をたたかせてもらおう』(ぺんぺん草)
 私には、動く手がありますが、もう、随分、母の肩をたたいていません。先日、母と泊まったペンションで、星野さんの絵葉書を売っていました。部屋に作品がかざってありました。その日、母と温泉に入り、背中を流してもらいました。本当に何年ぶりか。ちょうど一年前、母は骨折をして、仕事の合間に病院に行き、母の体を何度か洗いました。そのお返しのようでした。
 ということで、星野富弘さんのことを旅行のカテゴリに入れようか、コーラスのカテゴリにいれようか、本のカテゴリに入れようか……ホンのちょっと悩みながら、私は日記に入れました。
 母の肩をたたこう……心配ばかりかけている私は、小さな親孝行をしたくてしたくて、でも、できないのでした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kerokerohouse.blog68.fc2.com/tb.php/210-03738ab0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。