ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二度目の宮古島

 二年前の初めての宮古島の旅行記すらまとめていないのに、二度目の宮古島です。
 娘を連れての旅なので、少しは自分ペースで動くのはやめて、少しのんびりペースで、動きました。
 曇り空(黄砂の影響で曇りと言うより、大気がくすんでいる)のせいか、海の色も、少し前回よりくすんでいましたが、それでも、海は澄んでいて、波は穏やかで、貝殻サンゴの死骸が堆積した海岸では、寄せてくる波が帰るときに、さらさらさら……と柔らかな音がします。(私が住んでいるあたりの海の色と音とは全然違います)
 今回も夜は『和おん』さんというお店に寄り、歌と踊り(踊りは自分で踊る)で楽しみました。海に入らない娘と今回もまた、同じ船長せんのグラスボートに乗って、海の様子を見てきました。ウタキ(神さまが祭ってあるところ)ではお婆たちが祈祷をあげ、海のほうれんそうで盛り上がったり、ほんの少しですが、島の方の生活を見たり、お話できたりで、のんびりできました。信号があまりないので、ついついスピードを出して車を運転してしまいますが、島の方は30キロ40キロで走ってます。そんな車の後ろにつくと、私ものんびり走ります。
 下の写真はいたるところにいる『まもる君』です。ご苦労様です(^_^;)。
まもるくん
 こうして、同じところに行く時は、宿とかお店とか、何回か行く所と新しくチャレンジする所を作っておくと、旅はより楽しくなれます。
海の青さ
 とても海は美しく、浜もサンゴや貝殻が粉々になった砂浜なので、白くて美しいのですが、
ゴミがいたるところに落ちています。それも、ペットボトルやビニールや缶など、およそ自然に分解不可能なものがたくさん落ちています。それも、そんなに古くなし、劣化していないので、明らかにこの場所で落とされたものと推測できます。
ゴミがいたるところに
小さい所には小さい楽しみも
あまり人の来ないようなところの方が、のんびりできたり、ゴミを気にすることなく海を眺め、そして、小さい生き物たちの往来を見ることができます。

 話かわりますが、この旅行の行きに、久々に名鉄を使いました(いつもはJR)。21日の昼頃、線路の脇や駅には、カメラがずらららっと並んでました。一つ前にピカチューのラッピングの電車が走っていたのですが、それだけじゃこんなに並ばないよなー。調べてみたら、7700系の列車のラストランの日だったようです。検索で写真が載っているブログを見ましたが、なつかしの車両ですね。確かに私が通学で使っていた頃の車両だと思います。最近、こうした名鉄をよく使っていた学生の頃の車両が消えていきました。寂しいものです。よく友だちとお弁当食べたり、お菓子食べたり(結構長い区間止まらなかったので)してました。今度は鉄道の旅にしましょうか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kerokerohouse.blog68.fc2.com/tb.php/250-f7db1302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。