ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

映画『チャーリーとチョコレート工場』

 昨日、『チャーリーとチョコレート工場』をテレビでやっていました。これを映画で観ているとき、
「ジョニーデップの歯がきれいすぎる」
と思ってみていたら、やはり、親が強烈に歯並びを気にして……という設定でした。
 チョコレートに固執する原因を見ながら、私も自分の子どもは歯並びや虫歯になってほしくないと、チョコレートやキャラメルなどを食べさせてなかったことを思い出だしていました。それは、自分自身が歯並びの悪さで、虫歯や歯槽膿漏で苦しんだことからきていていました。食べ物の方は、さすがに幼稚園に入って、お友だちの家に遊びに行ったときに、出されたお菓子を爆発しみたいにものすごい勢いで食べていたという話を聞いて、少し、寛容に。歯並びの方は、幼稚園の時から装置つけて、約12年、矯正歯科に関わってました。そんな歯に関しては、譲れない親でしたから、この映画を観るたびに、心が痛いです。
 それでも、私は、今でも毎月のように歯に悩まされて、歯医者さん通いを続けているので、やっぱり、私にとって、唯一譲れないところ。
 ウォンカさんが幸せになれますように。そう、嫌味を吐きながらチョコレート工場を案内するウォンカさん見ていて、願ってしまいます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kerokerohouse.blog68.fc2.com/tb.php/255-66564f3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad