ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が歌っている理由

NHK全国学校音楽コンクールの愛知県コンクールがテレビで流れています。
思えば、小学校のとき、選抜で(先生に言われて)臨時の合唱部に入ったことからだと思います。始まりは。
何が何やらわからず、参加。
でも、みんなで歌うことの気持ちよさだけは心に残っています。

中学校では、音楽の先生が、合唱が好きで、一年のほとんど合唱をしていました。
音楽のテストはカルテットやデュエットが多くて、
それも、いつも合唱部の子と歌ったので、
しんどかったけど、その分、自分のレベル以上に歌えたかもしれません。
声量のなさだけが悲しくて、歌う事には向いてないんだろうなと、自分で限界をつけていました。

それ以降、歌う機会なく何十年も過ぎ……

知り合いから、
コーラスグループを新たに作るので、歌わない?
との話。
楽譜読めないし、声量ないし、
と思ったけれど、少しでもうまく歌いたいなとコーラスグループに入りました。
演奏会も何度かやり、その度にいつもぎりぎり音取りできる程度。
でも、声は格段にでるようになり、
いつも演奏会は必死で歌っている(余裕なし)が、それが知り合いからは、がんばってる様に見えたようで、
ほめ言葉は人を伸ばす
伸びてるかわからないけど、
続ける事ができています。

中学校の音楽の先生とは
その後、縁あり、仕事で一緒になることもあり、
今年は、この先生が講師をする合唱の研修を受けてしまいました。
(なぜ受けるのかとも誰にも言われなかったので、つい受けた
もり沢山の内容。
気持ちのいいところ、
うまくいったところで終わること
少しでも楽しさを味わう事
いろいろなことを知る事ができた。
そして、
いろいろな面でとてもうれしかった。
講座を聴いているのは、自分だけじゃないのに
自分へのエールのようで。
先生からは
「この会場に教え子は何人かいるけど、お前が一番古い」
えへへ。
でも先生、私、まだ歌っているよ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kerokerohouse.blog68.fc2.com/tb.php/288-374231b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。