ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ『坂道のアポロン』

 カテゴリを『本』にしようか『テレビ映画鑑賞』にしようか迷った。
 この漫画に出合ったのは、娘が買っていた月刊誌をぱらぱらと見ていて、その中で気に入っていた作品。派手な絵ではなく、瞳も真っ黒ってことが多くて、少し表情が乏しいなあと思っていた漫画だった。読み始めたのは終了少し前だったので、出だしはどうだったのだろうかと出だしだけ読んで見たかった。
 結局、アニメで深夜放送をされる事を知り(しかし、一話は逃してしまったので、映像をネットを探して観て)、漫画を全部読んでみたいなと思った。
「忌々しい坂道だ」
 主人公はそう思い、新しい高校への坂道を登っていく所から始まっていた。
『忌々しい坂道』
 まさしく私も高校時代、『忌々しい坂道』を毎日歩いて登校していた。

 アニメはジャズ演奏の部分は人が演じたものをアニメに起こしていたので、演奏部分、そして、要所要所の登場人物たちの表情が、丁寧に描かれていた。私が唯一「表情が乏しい」という黒目は、キラっとした白を黒めに描き入れるキャラクターデザインの方のデザインで幅が広がったように思える。
坂道のアポロン 第1巻 DVD 【初回限定生産版】坂道のアポロン 第1巻 DVD 【初回限定生産版】
(2012/07/27)
木村良平、細谷佳正 他

商品詳細を見る

 ちなみに、この漫画のラストも主人公が『忌々しい坂道』とつぶやく。でも、その表情は言葉と裏腹でうれしそうなのである。
 『坂道』『ジャズ』を話の展開にうまく入れてあるこの話を、12話のアニメでどうまとまるのか。最終回はテレビ放送を観るため、夜中の2時過ぎまで起きていた。
 アニメは漫画で使われた『忌々しい坂道』をいう台詞を、最初と最後に使わずに何とかまとめて、そして、ラストは千とボンの二人ができなかったセッションをして、清清しく坂道をかけおりていく。どちらかというと、二人でジャズをやることの喜びをメインに押したようになっていた。
 ふと、私は高校時代に描いていた絵を再びやりたくなった。何が描きたいというわけではない。ただ、私が『忌々しい坂道』を苦にしなくなったのが、絵を描き始めたからであったのを思い出した。

坂道のアポロン (1) (フラワーコミックス)坂道のアポロン (1) (フラワーコミックス)
(2008/04/25)
小玉 ユキ

商品詳細を見る
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kerokerohouse.blog68.fc2.com/tb.php/296-cdb3c727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。