ケロケロぴーの未知標パート2

家主ケロケロぴーの思い出し思い出しの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ『クライマーズ・ハイ』

 ドラマ『クライマーズ・ハイ』を観ました。評判がよかったドラマだったのですが、見逃してしまって、早く再放送しないかなと思っていても、きっとしないだろうと少々あきらめていました。再放送を早く決めてくれたNHKに感謝です。
 以前観たドラマ『タブロイド』も新聞社が舞台でしたが、違う役割を演じた佐藤浩市が今回は、記者役で、その場その場の感情をとてもいい表情で演じていました。
 正しい記事にこだわる姿勢、父と子の確執を主人公の、過去、話のメインの飛行機事故当時、そして、現在の3つのときを軸にして展開されていました。
 タイトルにもある「クライマーズ・ハイ」、人は、興奮している時、冷静になれるか、きちんと判断できるかということが軸になって話が展開していきます。ほぼ、ストーリーの核が終わり、ラストの決めの部分、娘と結婚させて欲しいと言われた主人公は、頂上に登ってから…と答えます。あえて、ハイの気分である今を避けて返事をさせて欲しいということでしょうか。最後までタイトルがきいていました。
 前後編2時間半、ほぼ映画ぐらいの長さ。前後編のドラマとしてはうまくまとまっていたと思います。ただ、映画だとしたら、数箇所の抜けている部分(私が気になッ田だけかもしれませんが、説明不足じゃないかなって所。原作を読んでませんがたぶんちゃんと書いてあるんじゃないかな)は、ちゃんと欲しいなと思います。
 まあ、映画でもこれだけの俳優を集められないじゃないかなと思ってしまうほど、俳優も、出演少ない役までもちゃんとしておりました。さすが、NHKですね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kerokerohouse.blog68.fc2.com/tb.php/49-90f60367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。